当財団法人は、大阪商工会議所 国際部公認の財団となります。

大阪商工会議所とのこれまで行ってきた活動などを掲載しております。

イタリアと日本の人々が、伝統・文化・産業やスポーツなどを通して深い親交を図っていく中で、大阪商工会議所 国際部の公認パートナーとして、新しい民間交流の窓口として両国発展の一役を担うことが出来れば幸いでございます。

 


”2016年3月”

写真 2016-03-03 5 50 54 写真 2016-03-08 15 19 03 写真 2016-03-08 15 16 36 

3月8日はミモザの日と呼ばれていますが、大阪商工会議所では3月2日から一週間、パネルやミモザの花をディスプレイ設置して啓蒙活動を行いました。

3月8日の国際婦人デーは1909年にアメリカで制定され、1922年からイタリアでも導入されました。

1944年にはローマにUnione Donne Italiane(イタリア女性組合)が誕生し、女性蔑視、男女不平等に抗議し女性の社会的政治的地位向上に貢献しました。そしてその彼女らによってシンボルのミモザの花が選ばれたという経緯があります。

このミモザの日は春らしい黄色が鮮やかで甘い香りのミモザの花を贈るのが慣わしです。

 

今では本来の政治的な背景はイタリアでも薄れましたが、女性同士で集まり食事をしたりディスコに踊りに行ったり、映画館、美術館では女性は入場無料になるような各地でのイベント、特別プラン等があります。

とはいえ、ミモザの小枝を手に、女性の権利を獲得するために戦った過去の女性たちに思いを馳せる。そして現代社会の中での私達の姿を見つめ直す良い機会なのかもしれません。

ミモザの日に関する活動報告はこちらから

”ミモザの日” 活動報告

 


 

”2015年9月”

113 027 073

2015年5月からイタリア・ミラノ市において、「食」をテーマとした「ミラノ国際博覧会」が開催されましたが、ミラノ市と大阪市は2016年に35年にわたる姉妹都市関係にあります。そのため、大阪市では2015年9月10日から13日、万博に出展する日本館イベント広場にて、大阪の食や観光資源を紹介するイベントを行われました。

大阪商工会議所では、これにあわせ、2015年9月9日(水)から11日(金)まで、イタリア・ミラノ市に「フードビジネス促進ミッション」を派遣し、ミラノ万博視察に加え、販路開拓などを目的にイタリア企業との個別商談会を開催されました。

このイベントで当財団は大阪市・ミラノ市姉妹都市提携のレセプション、と、今回の目的である大阪商工会所・国際部主催の「イタリア/ミラノ万博/視察フードビジネス促進ミツション」の通訳・コーディネートの業務を行わせていただきました。

このイベントに関する概要などはこちらをご確認ください。

ミラノ万博視察及び食関連ビジネスの個別相談会開催のおしらせ


 

大阪商工会議所との活動報告は随時、更新してまいります。

大阪商行会議所へはこちらから