ジャニフェス・カウコン2021-2022の本人確認は厳しい?対処法まとめ

カウコン2021-2022

毎年恒例のジャニーズカウントダウンコンサート(カウコン)

コロナ禍で2020-2021年のカウコンがなかったため、12月31日に『東京ドームに2年ぶりの大集合!ジャニーズカウントダウン2021→2022』があると報道されてファンが盛り上がっていますね!

実はここ数年、カウコン入場時には本人確認が行われています。

実際に入場する際はどのように本人確認が行われており、本人確認せずに入場することは可能なのでしょうか。

詳しくまとめました。

そもそもカウコンで本人確認する理由

東京ドームで行う2021-2022のカウコン。

東京ドームの収容人数が55000人で、コロナ対策で50%の収容人数になったとしても、27500人が有観客でライブを楽しむことになります。

これほどの人数をのは本人確認するというのは、ジャニーズ事務所としても一苦労のはずです。

わざわざ入場の手間をかけてもジャニーズ事務所がカウコンで本人確認をしっかりする理由な何なのでしょうか。

詳しく見て行きましょう。

未成年を確認するため

カウントダウンコンサートは名前の通り、2021年の大みそか2022年のカウントダウンをするのがテーマとなっています。

そのため深夜に出歩く危険があると言うことで、未成年の参加をチェックされているのです。

2019年までのカウコンでは、保護者の同伴があれば未成年でも参加できるとされていましたが、『東京ドームに2年ぶりの大集合!ジャニーズカウントダウン2021→2022』では、18歳未満は親同伴でも応募不可だそうで、SNS上でショックの声が止まりません…

未成年を守るとはいえ、保護者同伴でも入場できないとは…かなり厳しいですよね。

転売をはっきりさせるため

コンサートチケットは転売ヤーの良いターゲット。

特に熱狂的ファンの多いジャニーズのチケットとなれば、転売ヤ―はかなり注目しているでしょう。

しかしここ数年、ファンクラブなどで当選して入手したコンサートチケットを、高額な値段設定でフリマアプリなどで転売する転売ヤーが社会問題化しています。

本来12000円(指定・税込)のジャニフェスでも、転売されている価格は10万円、25万円、なかには45万円のものも。

つまり、1回の転売で数万円~40万円以上の利益を上げられるわけです。

転売は知識や技術が無くてもすぐに現金が手に入る、簡単な副業として行っている人もたくさんいます。

そのため、チケットを購入した人と実際にコンサート会場に入場する人の違いから転売チケットをあぶりだすために、ジャニーズ事務所側も本人確認をするようになったのですね。

本人確認の仕方・方法

参加者全員が本人確認書類が必要

ジャニーズ事務所では、「代表者様・同行者様とも本人確認ができる公的な証明書」を持参するようにアナウンスしています。

公演当日は、代表者様・同行者様とも本人確認ができる公的な証明書を必ずお持ちください。

引用:Johnnes’ Family club

代表者だけではなく、参加者全員が本人確認しなければいけないので、注意が必要ですね!

具体的な本人確認書類

具体的な本人確認書類としては、以下が掲載されています。

  1. 免許証
  2. パスポート
  3. 個人番号カード
  4. 住民基本台帳カード
  5. 学生証・生徒手帳
  6. 障がい者手帳
  7. 精神障がい者保健福祉手帳
  8. 療育手帳
  9. 在留カード
  10. 特別永住者証明書
  11. 上記以外の、氏名・住所・生年月日の3項目が確認できる顔写真付公的証明書

か、かなり本格的ですね…!

しかも、以下のような注意書きもありました。

  • パスポート、学生証などに住所の記載がない場合は、氏名・住所・生年月日がわかる公的な証明書が必要
  • 住所記載は、ファンクラブに登録された住所と一致しなければならない

エンタメ系のイベントで、ここまで本人確認が厳しいとは驚きです!

本人確認しないでカウコンに参加できる?

カウコンやジャニフェスについて「エンタメイベントなのだから、それほど本人確認は厳しくないのでは?」という声も聞かれます。

確かに上記の本人確認はかなり本格的すぎて、本当にやっているの?と思う気持ちもわかります。

実際のところの本人確認の厳しさが気になりますよね。

調査したところ、ジャニーズライブの本人確認は年々厳しさを増しているようで、公式サイトには「ご本人様のご来場が確認できない場合は、ご入場をお断りします」の一文があります。

係員がご提示をお願いしたお願いした際に本人確認資料をご提示いただけない方、ご本人のご来場が確認できない場合は、ご入場をお断りします。

引用:Johnney’s Family Club

「ご入場をお断りする場合があります」ではなく「ご入場をお断りします」とハッキリ明言しているあたり、厳格に対応する意志が感じられますよね。

そのため本人確認されることを踏まえて、転売ヤ―が本人確認書類ごと転売している光景もSNS上ではよく見られます。

ジャニフェスの転売ツイート

引用:https://twitter.com/juniornootaku/status/1464948086938112002

ジャニフェス転売ヤ―のツイート

【譲】ジャニフェス 12月30日

【枚数】2連

【値段】定価+手数料

 

本人確認が必要な場合は身分証明書をお貸しします。

お心当たりがある方はdmにお願いします。いいね♡お願いします

関西ジャニーズ高額チケット転売

引用:https://twitter.com/Princessyj03/status/1466068230661758982

関西ジャニーズJr. LIVE 2021-2022 THE BEGINNING~狼煙~ お譲り先を探しております。

 

【譲】12/23 昼

【枚数】1枚 (2連内)

【金額】即決6.0

【取引】要相談

 

該当名義・本人確認可能 お心当たりある方はご連絡お願い致します。

転売ヤ―が自分の身分証明ごとコンサートチケットを転売するという危ない橋をあえて渡っていることからも、ジャニフェス・カウコンでの本人確認はかなり厳格に行われていると言うことでしょう。

カウコンやジャニフェスに本人確認が必要なことに対するネットの反応

本人確認してほしい

ジャニーズファンの間では、高額転売はかなり敵視されており、ファン同士で声掛けして高額転売チケットは買わずに通報しようという運動が広がっています。

そのため、チケットの高額転売を防げるのなら「本人確認するべき」の声が多く挙がっています。

一件厳しすぎると感じられるジャニフェス・カウコンをはじめとしたジャニーズコンサートの本人確認ですが、そもそもはファンからの要望で厳しくなっていったのかもしれません。

今後もジャニーズ事務所の身分確認は厳格化していくものと予想されます。