【保存版】SixTONES運動神経ランキング!スポーツ関連エピソード

同日にデビューしたことで、何かと比較されがちなSixTONESとSnow Man。

Snow Manメンバーは運動神経が良いことで知られていますが、それに比べてSixTONESメンバーの運動神経はあまり良いイメージがないかもしれません。

しかし、実際はジャニーズの中でも運動神経が良いメンバーがおり、グループとして決して運動神経が悪いわけではありませんただ1人を除いてw

今回は、SixTONESメンバーは運動神経が良いのかどうか、またスポーツに関する面白エピソードなどをまとめました!

SixTONESの運動神経が良い順ランキング

【1位】森本慎太郎

森本慎太郎

引用:https://www.j-storm.co.jp/s/js/news/detail/12162?ima=0000

筋力、体力、瞬発力、柔軟力…色々な面で運動神経が一番いいと言われているのが、森本慎太郎さん

筋骨隆々に見えて柔軟性があって、まさにスポーツマンなんですよね。

釣りが出来たりとアウトドア能力も高く、身体能力がバランスよく鍛えられてます。

森本慎太郎の身体能力

【握力】52.1(右)49.3(左)
【背筋力】138
【反復横跳び】56回
【立ち幅跳び】241cm
【立位体前屈】10.6cm
【50m走タイム】6.67秒
【学生時代の部活】空手、体操部(中学時代)

ジャニーズJr.内で1番の握力というHiHiJetsの佐間龍斗さんの記録が46.7。

その握力を軽々と越えていくあたり、森本慎太郎さんのパワーを感じますね!

子供の頃から運動神経が抜群に良かったという森本慎太郎さんは、幼少の頃から空手を習っていました。

小学2年生のときは関東大会2連覇を果たし、全国大会でも4位をとるほどの実力だったということで、現在の瞬発力や筋力は空手で培った部分もありそうですね。

そして中学時代は体操部に所属。

体操部時代は朝練などにも打ち込み、床やあん馬、鉄棒や跳馬も出来たとか。

道理でSixTONESの中でも運動神経がトップなわけですね!

【2位】松村北斗

2019年の茶髪の松村北斗

引用:https://twitter.com/jeje_m0611/status/1479677088546582534/photo

地元静岡で小学1年生から空手を習っていた松村北斗さん。

その後中学2年生でジャニーズ事務所に入所するまで空手の稽古に励んでいたようです。

そのせいか、ダンスのときも身体の軸がしっかりしていてダイナミックな動きが出来るのが高ポイントですよね。

松村北斗の身体能力

【握力】47.8kg
【背筋力】126
【反復横跳び】22回
【立ち幅跳び】290cm
【立位体前屈】-5cm
【50m走タイム】6.51秒
【学生時代の部活】空手

松村北斗さんが通っていたのは静岡県の剛柔館正剛道場島田教室

小学校6年生のときには全日本空手道剛柔会空手大会で組手の部で奮闘賞を獲得し、中学1年生のときには中学1年生男子形の部で静岡県準優勝を果たし、静岡県の強化選手にも選出されています。

松村北斗の通った空手道場

引用:https://www.instagram.com/p/CKpUnrfJU8c/?utm_source=ig_embed&ig_rid=0ea1e4fd-80ad-4ce7-8804-4b1f4d001d98

全国的な大会でも空手で結果を残した松村北斗さん。

もちろん黒帯も取得しており、実力は折り紙付きですね!

幼少の頃一生懸命に取り組んだ空手が、今の運動神経のベースになっているのでしょう。

ただし、球技だけは苦手なようです。

【3位】髙地優吾

髙地優吾

引用:https://www.jprime.jp/list/tag/%E9%AB%98%E5%9C%B0%E5%84%AA%E5%90%BE

シュートする姿がきまっていてカッコいい髙地優吾さん。

2017年に開催されたジャニーズ大運動会のPK戦でも、見事にシュートを決めています。

髙地優吾の身体能力

【握力】46.3kg(右)
【背筋力】83
【反復横跳び】50回
【立ち幅跳び】228cm
【立位体前屈】14.1cm
【50m走タイム】6.74秒
【学生時代の部活】サッカー部

幼少の頃からサッカーをしていた髙地優吾さん。

12歳の中学生のときは横浜市選抜に選ばれたほどの実力があります。

さらに和光大学生時代は友人とフットサルチームを結成し、関東大会のベスト16の結果を残したとか。

大人になった現在でも、ジャニーズのメンバーと一緒にフットサルを現役でしているということで、小さいころから一貫してサッカーをしているひたむきな姿勢が、髙地優吾さんらしいですね!

【4位】ジェシー

ジェシー

引用:https://news.mynavi.jp/article/20210407-1866360/

とにかく脚が長いので、何をさせても絵になるジェシーさん。

長い手足は運動時もアドバンテージになるかと思いきや、時々使いこなせないときがあってそれもまた愛らしいんですよね!

反復横跳びでは、長い手足のせい?でむしろ横移動が遅かったり…

ジェシーの反復横跳び

引用:https://www.youtube.com/watch?v=pAPeqNdZ-eo

跳び箱でも手足のバランスが取れていなかったりw

ジェシーの跳び箱

引用:https://www.youtube.com/watch?v=ES5qki-a5dc

かっこいいのにどこか抜けているのが、ジェシーさんの魅力ですね!

そんなジェシーさんの身体能力をまとめると、以下のようになります。

ジェシーの身体能力

【握力】43.1kg
【背筋力】103
【反復横跳び】50回
【立ち幅跳び】229cm
【立位体前屈】9.2cm
【50m走タイム】不明
【学生時代の部活】空手
【趣味・特技】空手

ジェシーさんは4歳から空手をはじめました。

2008年10月には黒帯を取得するほどの実力があり、全国大会で学年別準優勝を2年連続したということからも、その実力は明らかですね!

しかし芸能活動が忙しくなってきたため、2009年に空手を辞めてしまいました。

松村北斗さんもですが、全国大会に出場できるほどの実力がありながらジャニーズ事務所の活動を優先するため空手を辞めています。

仕事に対する本気度がわかりますね。

【5位】田中樹

田中樹

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c36abcab4209934a7df0e850c0cd47401e8a321b

抜群の安定感のラップとMCトークが魅力の田中樹さん。

ガリガリと言われてもおかしくないほど痩せていて少食ですが、意外と筋力もあるんです!

田中樹の身体能力

【握力】38.3kg
【背筋力】118
【反復横跳び】46回
【立ち幅跳び】不明(失敗して145cm)
【立位体前屈】-15.4cm
【50m走タイム】不明

小学校から陸上や水泳、野球やバスケットボールなどに取り組んでいた田中樹さん。

そのため、体力測定やスポーツをしてもバランスよく運動神経が良い感じを受けますね。

特に、バスケットボールの実力はSixTONESメンバーのなかで1番ではと思います。

ドリブルやシュートのフォームがとってもキレイなんですよね!

【6位】京本大我

京本大我

引用:https://wezz-y.com/archives/85087

SixTONESメンバーで運動神経がぶっちぎりで良いのが森本慎太郎さんで、2位~5位は正直なところ運動神経の良し悪しに大差はありません。

そんななか、圧倒的に運動神経が悪いのが京本大我さんですw

なんでも学生時代はバスケットのシュートを下から投げていたというエピソードも。

京本大我と田中樹

引用:https://twitter.com/k3t2y2ST122/status/1481995571359776772

京本大我の身体能力

【握力】40.7kg
【跳び箱】10段を飛べず
【背筋力】100
【反復横跳び】43回
【立ち幅跳び】220cm
【立位体前屈】-16.7cm
【50m走タイム】9.2秒

色々なマンガやサブカルにも詳しい京本大我さん。

インドア派なのがわかりますね。

【関連】京本大我の運動神経が爆笑レベル!神がかったおもしろ動画・画像10選

SixTONESメンバーの身体能力ランキング

握力ランキング

SixTONESは2021年に公開された「春の体力測定」のYouTube動画で、それぞれ握力測定をしました。

そのときの 結果がこちら!

SixTONES握力ランキング

【1位】森本慎太郎 52.1kg
【2位】松村北斗 47.8kg
【3位】髙地優吾 46.3kg
【4位】ジェシー 43.1kg
【5位】京本大我 40.7kg
【6位】田中樹 38.3kg

森本慎太郎さん、握力52.1kgて凄すぎませんか…?

一般的に鍛えていない男性の握力は40kg台と言われているので、森本慎太郎さん以外のメンバーの握力は平均的と言えそうですね。

跳び箱ランキング

SixTONESはヒカキンさんとのコラボ企画で、跳び箱に挑戦。

10段からはじめて、12段、14段、17段、20段の跳び箱に挑んでいきました。

結果、一番飛べたのは17段をクリアした髙地優吾さんと森本慎太郎さんでした!

SixTONES跳び箱ランキング

【同率1位】髙地優吾・森本慎太郎 20段で失敗
【同率3位】ジェシー・松村北斗 17段で失敗
【5位】田中樹 12段で失敗
【6位】京本大我 10段で失敗

そして京本大我さんは最初の10段で失敗…w

「運動できないキャラ」が証明された形となりましたw

背筋力ランキング

SixTONESのYouTube「春の体力測定」動画では、SixTONESメンバーは背筋力も測定。

背筋力でも、森本慎太郎さんがトップという結果になりました!

SixTONES背筋力ランキング

【1位】森本慎太郎 138
【2位】松村北斗 126
【3位】田中樹 118
【4位】ジェシー 103
【5位】京本大我 100
【6位】髙地優吾 83

反復横跳びランキング

森本慎太郎さんは反復横跳びでもトップに!

筋力だけでなく、瞬発力やリズム感が良いのがスゴイですよね!

SixTONES反復横跳びランキング

【1位】森本慎太郎 56
【同率2位】髙地優吾・ジェシー 50
【4位】田中樹 46
【5位】京本大我 43
【6位】松村北斗 22

立ち幅跳びランキング

立ち幅跳びでは、松村北斗さんが圧倒的トップに。

ダンスにも共通しますが、松村北斗さんは膝の使い方がとても柔らかいですよね。

身体のバネを活かすのが上手いのでしょう。

SixTONES反復横跳びランキング

【1位】松村北斗 290cm
【2位】森本慎太郎 241cm
【3位】ジェシー 229cm
【4位】髙地優吾 228cm
【5位】京本大我 220cm
【6位】田中樹 145cm

田中樹さんだけが立ち幅跳び記録が低いことになっていますが、これはおしりを地面についてしまったから。

本来であれば225cmくらいは行っていそうな跳躍力はあったのですが、記録としては145cmという結果になってしまいました。

立位体前屈ランキング

身体の柔軟性がダイレクトに測れる立位体前屈。

前屈の柔らかさは髙地優吾さんがトップでした!

SixTONES立位体前屈ランキング

【1位】髙地優吾 14.1cm
【2位】森本慎太郎 10.6cm
【3位】ジェシー 9.2cm
【4位】松村北斗 -5cm
【5位】田中樹 -15.4cm
【6位】京本大我 -16.7cm

幼少から一貫してサッカーやフットサルをしている髙地優吾さん。

ストレッチなども真面目にやってきたのがわかりますね!

それに対して、2021年の自粛期間中にストレッチを頑張っていたはずの京本大我さんが-16.7cmという結果なのも笑ってしまいますw

50m走タイムランキング

京本大我のかけっこ

引用:https://www.youtube.com/watch?v=bD2T5Cj9VUE

2017年4月に開かれたジャニーズ大運動会。

この公式行事に松村北斗さん・森本慎太郎さん・髙地優吾さん・京本大我さんが50m走の種目に参戦しました。

そしてその50m走の結果が以下で、松村北斗さんはジャニーズ全体で3位、森本慎太郎さんは全体で7位という結果に。

このことからも、SixTONESが決して運動神経が悪いグループとは言えないことがわかりますね!

【1位】菅田琳寧
【2位】上田竜也
【同率3位】鈴木舜映・松村北斗(SixTONES)
【5位】阿部顕嵐
【6位】長妻怜央
【7位】森本慎太郎(SixTONES)
【8位】佐々木大光
【9位】七五三掛龍也
【10位】諸星翔希

そして、SixTONESメンバーで50m走ランキングを作ると以下のようになります。

SixTONESメンバーの50m走タイム

【1位】松村北斗 6.51秒
【2位】森本慎太郎 6.67秒
【3位】高地優吾 6.74秒
【4位】京本大我 9.2秒
【順位不明】ジェシー・田中樹

ジェシーさんと田中樹さんについては、50m走の記録がないため順位はつけられないのですが、普段の走るフォームなどを見ているとおそらく京本大我さんよりは早いと思われます。

いつかSixTONESメンバーで50m走企画もやってほしいですね!

【関連】京本大我の運動神経が爆笑レベル!神がかったおもしろ動画・画像10選

SixTONESは運動神経が悪いと言われる理由は?

平均年齢が高いから

SixTONES

引用:https://tower.jp/article/feature_item/2022/01/17/0701

SixTONESはジャニーズJr時代が長かったグループで、デビュー時点での平均年齢は23.8歳でした。

これはSnow Manの24.6歳に次いで高い平均年齢。

つまり、デビュー時の平均年齢の高さが歴代2位(2022年1月現在)ということですね。

そのため、デビュー時のフレッシュ感というか、若々しいエネルギーが溢れている雰囲気という点では、若くしてデビューしたグループに引けを取ります。

その点で、運動神経や派手なパフォーマンスは他グループが勝っているように見えるかもしれませんね。

Snow Manと比較されがちだから

Snow Man

引用:https://avexnet.jp/contents/music_j/detail.php?artist_cd=SNOMN

ジャニーズ屈指の運動神経・身体能力と言われるSnow Manメンバー。

岩本照さんは『SASUKE』にも出演し、その運動能力の高さがわかっていますよね。

さらに、舞台などでも「アクロバット」がSnow Manの代名詞でもあります。

そのため、Snow Manと比較するとSixTONESはアクロバットさは見栄えなどでは身体能力が劣っているように見えるかもしれません。

そのため、SixTONESは運動神経が悪いと言われるのだと思います。

京本大我が運動神経が悪すぎるキャラだから

SixTONESオールナイトニッポンで語る京本大我

引用:https://natalie.mu/stage/news/315960

ドラマティックで伸びの良い高音が魅力の京本大我さん

ミュージカルに多数出演していることもあり舞台慣れしていて、ステージの上ではダンスも歌も完璧でキラキラ輝いています。

しかし、その完璧に思える京本大我さんの唯一の弱点が運動神経

球技全般がかなり苦手で、球技以外の運動神経はそれほど悪くもないのですが、京本大我さん自身が「アメトークの運動神経悪い芸人で出たい」と公言するほど《運動神経が悪いキャラ》として定着していますw

京本大我さん自ら運動が出来ないことをあちこちでネタにしているので、その影響SixTONESのグループ全体でも運動神経が悪そうなイメージが出来てしまったのかもしれません。

しかし繰り返しますが、京本大我さんは《運動神経が悪いキャラ》を自ら進んで作っている部分があり、SixTONESグループ全体で言えば決して運動神経は悪くありません

【関連】京本大我の運動神経が爆笑レベル!神がかったおもしろ動画・画像10選