ブラックジャックの勝ち方を紹介

ブラックジャックの勝ち方を紹介 オンラインカジノ

ブラックジャックは、最も有名なカジノゲームの一つです。ブラックジャックはペイアウト率が高いことで知られており、最も稼ぎやすいゲームと言われています。

今回は、ブラックジャックの必勝法を紹介します。ブラックジャックで勝ちたいという方は、以下のようにアクションをとってみるといいでしょう。以下の必勝法は、ライブブラックジャックでも利用することができます。

Aが2枚配られた場合

Aが2枚配られた場合、必ずスプリットしましょう。

Aは11と数えることも1と数えることもできますが、Aが2枚配られた場合はどちらも1と数えるので、合計で2枚となります。

この場合、2から打って数字を上げるよりも、スプリットした方が高い数字になる確率が高くなります。

手札が12以上、アップカードが6以下のスタンド

ディーラーのアップカードが2〜6で、自分のハードハンドが12以上の場合、オールインでスタンドするのがよいでしょう。

ディーラーは手札が17以上になるまで打ち続けなければならないというルールがあるため、ディーラーのアップカードが6以下であれば、より多くのカードを引くことができます。

この場合、次に引いたカードが10だったとしても、合計は16なので、さらにカードを引かなければなりません。この場合、バーストする確率が非常に高いので、スタンドすることで勝つ確率を上げることができます。

アップカードが7以上の場合、ハンドが17以上になるまでヒットをする

ディーラーのアップカードが7-Aのときは、手札が17以上のハードハンドになるまでヒットするようにします。

ディーラーの2枚目のカードが10と予測されるときは、合計で17になります。つまり、ディーラーに勝つには17以上でなければなりません。

ディーラーの追加カードは10である可能性が高いので、勝つためには17以上になるまで打ち続けなければなりません。したがって、勝つためにはバーストのリスクを負わなければならないのです。

17(Aと6)以下の場合のヒット

Aを含むソフトハンドで17以下のときは、カードを追加してもバーストすることはありません。これは、大きな数字が出ても、Aを「1」と数えるとバーストしないためです。したがって、ソフトハンドで17以下のときは、ヒットしたほうがよいでしょう。また、ダブルダウンが可能な場合は、そちらを優先するようにしてください。

「8」と「8」のときは必ずスプリットする

手札に「8」が2枚ある場合、合計16枚となり、カードを足すとバーストする可能性が高いです。

スプリットすれば、たとえ「10」が出ても最大で18枚になり、バーストすることはありません。したがって、配られた2枚のカードが「8」であっても、必ずスプリットするようにしましょう。

インシュランスは基本的に使用しない

ブラックジャックにはインシュランスと呼ばれるアクションがありますが、基本的には使わないのがルールです。

ディーラーの2枚目のカードが「10」という数字である確率は約30%です。

ディーラーのアップカードが「A」だった場合、ブラックジャックをメイクするために「10」のカードを引かなければなりません。この場合、「10」を引いてブラックジャック「21」になる可能性が高いので、基本的に保険の使用は避けましょう。

Aが配られたら迷わずヒット

Aはプレイヤーにとって有利なカードで、「1」または「11」とカウントされます。

したがって、Aが手札にあれば、新しいカードを引いてもはじかれることはありません。したがって、迷わずヒットをしましょう。

この記事を書いた人
picky

気になる芸能人やエンタメ情報を中心に独自に調査を行い発信しています。
特にジャニーズやLDHに関しては、話題を掘り下げてお届けしていきます!

pickyをフォローする
オンラインカジノ
pickyをフォローする
new picky
タイトルとURLをコピーしました