LED照明のメリットとは?

LED照明のメリットとは? お役立ち情報

先日、気象庁は2022年の天候と台風のまとめ(速報値)を発表し、そこで全国の年平均気温は平年値(2020年までの30年平均)を0.7度上回り、1898年以来最も高い結果であったことが明らかになりました。年々深刻化している地球温暖化の影響はデータにも明瞭に表れており、一人一人が環境への配慮を真剣に考えていくことがますます重要になってきます。そこで、身近で出来る環境への配慮の一例として、 LED照明があります。今回はそんなLED照明のさまざまな観点でのメリットを紹介します。

LED照明とは?その仕組みは?

LED照明とは、LED(Light Emitting Diode)と呼ばれる半導体を使用して発光する照明です。LEDは半導体を特定の形状に加工し、電子が流れると発光する特性があり、LED照明では、外部からの電源を半導体に供給し発光する仕組みです。LED照明は安定した電圧を必要とするため、電圧レギュレータが変換器などから供給される高電圧をLEDが必要とする安定した電圧に変換する役割をします。電圧レギュレータを使用することによって、LEDのライフタイムが長くなり、電気的な安定性が高まります。また、安定した電圧を提供することで、LEDが安定した光を出すことができます。

どんなメリットがある?

近年人気を高めているLED照明ですが、他の照明と比べた時に具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。

1. 環境にやさしい

従来の照明に比べて環境負荷が少ないのが特徴で、水銀や鉛、カドミウムなどの有害物質や処分に手間がかかる素材を含んでおらず、環境保護の効果が期待できます。また省エネであるため、他の照明と比べ、排出する温室効果ガスは少なく、地球温暖化を防止するために役立つと考えられています。

2. 経済的

LED照明は非常に省エネ性に優れているため、従来の白熱電球などの照明と比べて、電力消費量を大幅に減少させることが可能で、経済的なメリットが得られます。また、LED照明は他の照明と比較して高い効率性を持ち、長寿命であるため、商品の価格設定は多少高くても、トータルで考えるとコスパが良いのです。

3. 色彩環境

LED照明は多彩な調色ができるため部屋の色彩環境が向上します。光の色を変更することができるため、ご飯を食べる時、勉強するとき、寝る前などシチュエーションによって色の変化を楽しむことが出来ます。

4. 紫外線・赤外線の放出量の少なさ

LED照明の種類の中には設計によって紫外線や赤外線の放出を抑えたもの、もしくは特殊なフィルターが付いており、その放出量を抑制できるものがあります。紫外線や赤外線の放出が少ないことによって、虫が寄ってこない、食品の劣化を助長しない、ものを変色させないといった効果が得られます。

Copied title and URL